TOPICS

お口のこと…歯のこと… / ブログ

嫌われる銀歯から自費へ🦷

こんばんは😊歯科衛生士の後藤です。

私ごとですが、

子供の頃から虫歯が多く💦

小学生低学年に治療してもらった保険内の銀歯を院長に自費へ変えていただきました✨

 

自費治療とは❓保険の銀歯は何が悪いの❓

さっそくお答えします🙋‍♂️

銀歯の欠点その①

〜色が目立つ〜

下の歯は口を大きくあげればギラッと銀色が目立ってしまいます。

↑私のお口の中です。今更ですが苦手な方は閲覧注意です💦銀歯が目立ちますね😢

 

赤線→銀歯の範囲が小さいので自費のレジンで埋めてます。(歯医者でできる為治療回数1回)

青線→中の虫歯が大きかったのと耐久性を得る為被せ物タイプのオールセラミックを技工士に作ってもらいました。(技工所に出すので治療回数約4回〜)

 

銀歯の欠点その②

〜虫歯になりやすい〜

当院では1年に1回必ず虫歯がないかレントゲンを撮ります。ただ、銀歯は真っ白に写ってしまい中に虫歯があるか分からないんです。

また、赤丸を拡大してみましょう🧐

↑銀歯と削った歯と段差ができています。

自費と比べると保険内の型取りの材料の精度が良くないのと、銀歯は削った歯と厳密にはぴったりと接着されていません。

そのためその境目から汚れや菌が入り込みやすく、虫歯になりやすいです。

痛みも無かった銀歯を外してみると…

中は虫歯だらけ😱

神経を抜いてしまうと歯は脆くなってしまい食いしばりなどの力でも割れる事がありますので、神経を抜く前に治療ができてよかったです。

 

銀歯の欠点その③〜金属アレルギーがでる事がある〜

銀歯は徐々に削れて体の中に入っていき金属アレルギーを発症させる事もあります。

 

などなど、銀歯の欠点でした🦷

 

以上のことから定期的にメンテナンス(歯のクリーニング)を受け、

虫歯が小さいうちに精度の高い材料で早めに治療することで、

何度も精度が良くない銀歯をやりかえて歯を削っていくより、

歯の寿命を延ばすことができます✨

 

そこで、

〜当院オススメは自費のレジン〜

特に当院で院長が得意としている、銀歯になるような大きさの虫歯でも白いレジンに変える事ができます❗️

それはただ埋めるだけなら誰でもできますが、

マイクロスコープ(顕微鏡)を使い約20倍の倍率で治療を行うので、虫歯を最小限で削る事ができますし、隙間なく埋める事が可能なので再度虫歯になりにくいです🙆‍♂️

 

そして、歯とレジンをくっつけるのに大敵なのが

唾液や、呼気👿

唾液などによりくっつかなかった部分から再度虫歯にならない様にラバーのマスク(ラバーダム)をつけます。

↑これがラバーのマスク😷

しっかり唾液と呼気をシャットアウト🙆‍♂️✨

 

また院長の技術により食べ物が効率良く噛めるよう噛み合わせ(凹凸)を作っていき、見た目も削った部分が全く分からないように保険で使わない多種類のレジンを使います。

 

その後レジンなので着色や擦り減ってくる事があるので、治療が終わってからとても重要❗️

定期チャックしに来ていただき修正する事で長持ちしますよ😆✨

 

今回は自費のレジンについて詳しく書かせていただきました。何度も何度も虫歯ができるたびに治療を繰り返していくと治療費もかさんでいきます。歯にとっても金銭面でも良い選択が出来たと思います。今度はセラミックについて書かせていただこうと思います😌💫